クレジットカードは付与特典を比較して加入しましょう。

クレジットカードには、それを保有する事によりいろいろな特典が付与されています。

例えばあるカードでは航空機を利用する際に業界最高水準とも言われるお客様専用ラウンジが利用出来たり、またあるカードでは国内、国外を問わず交通事故その他事故に遭遇してケガや場合によって死亡したりした時に、高額の保障が付いていたり、さらにあるカードではカードを他人に悪用されて被った多額の損害を弁償してくれたりと、まさに至れり尽くせりの特典を付与して顧客の獲得を競っています。

まだクレジットカードを持ってない人も、既に持っている人もこのようにクレジット会社が各種特典の付与内容を競っている時こそ、新たにクレジットカードに加入する又はカード会社を変更するチャンスと言えます。

但し、その為にはクレジット会社毎にどのような特典が付与されているのか十分に比較してみる必要があります。そして比較した上で自分が利用出来そうな特典が一番有利に設定されているカードを選択する事によって、自分の利益に適うと思うのです。

 

カードデーが特徴的なゴールドプレステージ

クレジットカードの中には、後編タイプなどがたまに見られます。

そもそも商品は、色々と新登場している傾向があります。ある時にAという商品が登場したら、その次にBという商品が登場する訳です。Bは、もちろんAの後編ということになります。

ところでゴールドプレステージなどは、その1つになります。ある銀行が提供していたカードの続編なのですね。ある銀行がとても有益なカードを提供していたのですが、それがとても好評だったので、後編が登場した形になります。ちなみに、主に30代向けの商品になります。

その商品には、カードデーに関する特徴があるのです。そもそも一部のカードは、特定の日にかなりお得度が高まる事があります。例えば木曜日などがカードデーと設定だとしたら、普段よりも多くのポイントが生じるといった具合です。

ちなみにそのカードデーが功を奏したのか、ゴールドプレステージは好評です。特定のお店での買い物頻度が多いなら、それを検討してみるのも一法です。

 

外国人でもクレジットカードが作れました

私は日本に住んでいるのですが、ドイツから来た外国人です。日本語が自由に喋れるようになるまで、結構苦労してしまいましたが、今は何の問題もなく使うことができますし、日本の文化を楽しんでいます。日本で暮らすようになってから、便利だなと感じるものは色々とあったのですが、やっぱりショッピングする時にクレジットカードがないと不便だと思うようになってしまったんです。

もちろん、現金で支払いをしていけばいいだけのことなのですが、常にお金を十分に持った状態で出かけているわけではありませんし、ATMでお金を引き出すのも手数料をとられてしまって、あんまりやりたくないものです。こういう時には、クレジットカードを使ってしまったほうがいいと思います。

だから、カードを作りたいと思うようになったのですが、外国人だから作るのは難しいんじゃないかと思っていたので、なかなか申し込めなかったんです。でも、外国人でもクレジットカードが作れるのだとわかって、審査に落ちにくい会社をインターネットhttp://www.guanofreefly.com/で調べ、申し込みをすることにしました。私は日本語も喋れますし、永住権も持っているので、意外とすんなりクレジットカードを作ることができました。